正しい株を選ぼうとしている男性の画像

いざ株を始めようと思ってもどの株を買っていいかわからない・・・そんな人が多いと思います。でもそれは当然です。株式市場には数千の株が出回っているからです。その中から自分に合った正しい株の選び方をしましょう。

NISAの節税効果を活かします!ギリアドは外国株

通常なら20%の課税がされる株式の配当金を非課税にできる少額投資非課税制度NISAはぜひ利用したい制度です。この制度を利用するにはNISA専門の口座を開かなくてはいけませんので早めに開設しておくと得になります。なおNISAは少額を投資する人のための特例の制度ですから、年間の投資額に制限がありまして、最初は100万円でしたが現在は120万円です。しかもこのNISA制度は投資枠の再利用ができません。持っていた株を年度の途中で売りその分でまた別な会社を買うということができません。もしそれを認めてしまいますと限度枠の意味がなくなってしまうからです。よってNISAで投資する場合は長期にわたって手放すことをせず長く保有するものを最初に選ぶことが必要です。逆に言いますとこのように考えることがNISAの節税効果をうまく生かすことになります。節税のもう一つのポイントは少額で買うことが可能なものを選ぶことです。一社で枠の120万円ギリギリになるような価格ではリスクを分散することになりませんし、そもそも120万円では買えない会社も存在します。このように考えていくとNISAの利点をうまく使っていけます。さてNISAはこのように金額に限度がありますので買える株自体も制限があるようなイメージがしますが、実際はそういうことはなく例えば外国株も買えます。現在C型肝炎の画期的な治療薬で日本でもすでに話題のギリアドは投資してみたい企業の一つですが、NISAでの外国株の購入を扱っていない証券会社もありますので事前に調べることが不可欠となります。外国株を買うのは難しいという場合はギリアドと同じ事業を行なっているような日本の上場企業にその分投資するという考えもできます。